4月17日新座市東北コミュニティーセンター様にて講座を開催しました。

4月17日水曜日
昨年、鉄道ジャーナリスト史絵.さんが男女共同参画週間講演会『私が想う鉄道の魅力』~女性から見た鉄道ファンの講演会をおこないました新座市様で
今回は私が、旅行術講座~上手に賢く旅しよう~を
新座市東北コミュニティーセンター様にて開催頂きました。
講座では、時刻表の見方やJRの運賃料金の基礎知識、高速バスや高速ツアーバスの違い、最近のバス設備の説明、アンテナショップや観光協会の活用法、鉄道会社情報などの
お話をさせて頂きました。

新座市東北コミュニティーセンター講座

お忙しい中、受講にお越し頂いた皆様ありがとうございました。
また、取材や資料提供協力を快く引き受けてくださりました関係機関の皆様、 そしてこのような機会を設けてくださりました新座市東北コミュニティーセンター様へ厚く御礼申し上げます。

あだち百景記事「新幹線開業を待つ富山県高岡市」

東京から上越新幹線と特急「はくたか」号を乗り継いで約3時間半、富山県の高岡に着きます。
ここは、加賀前田家二代当主前田利長公の産業振興策により銅器製造が発展し、花器、茶器、仏具などを多く生産していて、出荷額、販売額で日本一のシェアを占めており、国の伝統工芸品に指定されています。
また戦時中は空襲を逃れ、昔の町並みを見ることが出来ます。

金屋町は、高岡の鋳物発祥の地であり、歴史的な千本格子の家並みが軒を並べています。
IMG_8278_R
IMG_8279_R

また、ここは鋳物発祥の地、鋳物工場や工房が軒を並べており、
その中の鋳物工房「利三郎」さんを訪問しました。
明治の初め頃より、100年以上続く鋳物工房です。
IMG_8305_R

店内には、小物、花瓶などの作品が並んでいて目を楽しませてくれます。
IMG_8285_R
IMG_8289_R

こちらでは、鋳物体験が出来き、オリジナルの作品が作れます。
体験できる作品は、風鈴、ペーパーウェイト、卓鈴、マグネットです。
用紙に好みの文字や絵を書いて、型に錫を流し込み作品を作ります。
IMG_8290_R IMG_8291_R IMG_8292_R IMG_8301_R
約1時間で作品が出来上がります。
実際に仕事をしている工房でおこなうので貴重な体験が出来ます。
遠方からも体験に来る方もいるようです。
詳細は鋳物工房「利三郎」ホームページ
http://www2.tcnet.ne.jp/jinpachi/

また、山町筋には土蔵造りの町並みがあります。
明治33年高岡の大火があり市街地の6割が焼失しました。
前年に施工された「建物制限規則」により、山町筋などの繁華街いは防火建物の構造にする事が義務付けられており、復興には当時優れた防火建築である土蔵造りで建てられました。
この通りは北陸道で建物に歴史的な面影があります。
IMG_8256_R IMG_8259_R
菅野家住宅土蔵まち資料館(国指定重要文化財)
菅野家は代々伝右衛門を襲名した高岡の代表的な商家です。

IMG_8272_R
東京駅を赤レンガを設計した辰野金吾の監修で建てられた銀行です。

IMG_8263_R
高岡郵便局発祥の地や「夕日」の作曲家室崎琴月の家があります。

また、高岡といえば日本三大大仏のひとつ高岡大仏があります。
高岡の鋳物の技術を集め1933年に青銅大仏として完成し、顔立の良さでは日本一といわれてるそうです。
1-7384s_R

加賀藩前田利長公が築城した高岡城は一国一城令により取り壊しとなり、
現在は、桜の名所の高岡古城公園となっていて、城は残ってませんが堀や石垣が築城当時のまま残っています。
IMG_8383_R IMG_8389_R

また、本丸跡は広場になっていて、高岡らしく青銅の銅像がありました。
昔は、杉林から野球場、また産業博覧会の会場になったこともありました。
IMG_8395_R
IMG_8399_R

高岡駅から10分ほど歩いたところに国宝瑞龍寺があります。
高岡城を築城した前田家二代目当主前田利長菩提を弔うため、加賀百二十万石を譲り受けた三代目前田利常が利長への深い恩を感じ加賀藩の威信をかけた一大事業として、約20年の歳月をかけ、寛文3年(1663年)、藩の名匠山上善右衛門によって建立されました。
1997年日本で唯一の七堂伽藍と呼ばれる江戸初期の禅宗の寺院様式を今に残している建築物として山門、仏殿、法堂が国宝に指定されました。
IMG_8162_R
IMG_8170_R
総門(八双・四葉等の金具が施されています。)

IMG_8174_R
山門は、正保二年(1645年)に建立されましたが、延享三年(1746年)に火災で焼失しました。現在の建物は文政三年(1820年)に再建されました。二重門で、屋根は入母屋造、杮葺きとなっています。
IMG_8177_R
山門の左右の七間浄頭(便所)と浴室が復元されるそうです。

IMG_8190_R
仏殿
IMG_8197_R
屋根は鉛板で葺かれていて、全国でも、ここと金沢城石川門だけで貴重です。
IMG_8209_R
仏殿の中は、精巧に組まれており、柱にはバクが施されていてます。

高岡駅前~越ノ潟まで結ぶ万葉線があります。
高岡は万葉集の編者とされる大判家持が奈良時代に越中国守として赴任し数々の秀歌を残したことが由来です。

IMG_7884_R
IMG_7871_R
人にやさしい超低床車両(LRV)と普通の路面電車が走って目を楽しませてくれます。
IMG_7882_R IMG_7983_R IMG_7988_R
また、道路を走る区間では車と一緒に走ったり、長い鉄橋を渡ったりと車窓が楽しめます。
IMG_7951_R
米島口~能町口間ではJR氷見線、貨物線と交差をします。

IMG_7991_R
IMG_7990_R
中伏木~越ノ潟間では、越中万葉集の歌が詠めます。

IMG_8043_R IMG_8363_R
ドラえもん電車、アニマル電車など楽しい電車が走っており車内も楽しい雰囲気を演出しています。
土日祝日には、落語家の立川志の輔さんによる車内放送が流れたり(ドラえもん電車は除く)、海王丸や越ノ潟より岩瀬浜までの接続ルートがありますので、岩瀬浜で町並みを散策して、7色の車両がある富山ライトレールで富山駅北に行くことも出来ます。
IMG_7999_R
越ノ潟から堀岡を結ぶ県営フェリー

IMG_8014_R
日本海側一長い新湊大橋と真ん中の橋桁は、昔、越ノ潟より先電車が来ていた名残
IMG_8132_R
富山ライトレール

IMG_8111_R
富山ライトレールでは、ラッピングの車両も走っている時もあり目を楽しませてくれます。

また、万葉線の車内に万葉線電車、高岡市コミュニティバス、加越能路線バス共通乗車券引換券があり、加盟店舗で2000円以上の買い物をすると、買い物共通乗車券がもらえるサービスもあります。
IMG_8342_R

また、JR氷見線は高岡~氷見を結んでいて、忍者ハットリくん列車が走っていて、IMG_8317_R
途中の越中国分~雨晴付近の車窓は、富山湾をバックに条件が良ければ立山連峰が見れて絶景です。
IMG_8496_R
また、伏木には伏木北前船資料館があり、廻船問屋と交易、伏木みなとの変遷などを北前舟で栄えた伏木の歴史を紹介しています。
IMG_8405_R IMG_8406_R
館内には貴重な、引札(現代のチラシみたいなもの)や船銘板や幟などの貴重な資料などが見学できます。
IMG_8442_R
IMG_8478_R
望楼

平成26年度末には北陸新幹線開業を控え新高岡(仮称)駅や高岡駅の工事が進んでいます。
IMG_8248_R
新高岡駅(仮称)
IMG_7858_R
工事中の高岡駅

また、新幹線開業と同時に並行区間が第三セクターになるJR北陸本線の準備も着々と進んでいるようです。
IMG_8058_R
新幹線開業時に富山県内は第三セクターとなるJR北陸本線
IMG_8060_R
いまも懐かしい雰囲気の車両が走っています。
IMG_8320_R
新潟ー金沢を結ぶ特急北越
新幹線開業後は、東京から約2時間15分で結ばれかなり近くなります。

第66回全国お茶まつり 静岡大会 in 掛川

2012年(平成24年)11月17日(土)・18日(日)
お茶どころ静岡県の掛川で「第66回全国お茶まつり 静岡大会 in 掛川」が行われます。

お茶は古来から薬用や茶道などの文化を発展させるなど日本人の生活に密着してきました。
健康食品としても国内外から注目されています。
このイベントではお茶を楽しむ生活と健康・長寿に関する様々な情報発信をします。

お茶の効能情報発信イベント会場
1.掛川市生涯学習センター
2.掛川城公園
3.JR掛川駅から掛川城までの城下通り
4.掛川市役所庁舎内

大きな地図で見る

第66回全国お茶まつりの詳細なページはこちら

掛川駅周辺には見どころもたくさんあります。


新幹線の停車駅で唯一の木造駅舎がこの掛川駅です。建替えの話しもありましたが市民の方の寄付によって保存されています。


掛川駅から新所原駅を結んでいる天竜浜名湖鉄道です。
沿線には鉄道の歴史的な駅舎やホーム、転車台などがあります。


江戸時代に「東海の名城」といわれた天守閣の美しさを平成6年4月に日本初の本格木造天守閣として
復元されました。10年間城主として在城した山内一豊により天守閣の建立と城下町の整備がなされました。

天守閣から掛川の街並みや東海道新幹線が見られます。


お茶畑をモチーフとしていてユニークな庁舎内です。

受付開始!!鉄道ツアーあり、富山ツアー・上野駅5月25日金曜日夜発583系団臨「ミラージュムーンライトエクスプレス」

本日10時より
富山ツアー・上野駅5月25日金曜日夜発583系団臨「ミラージュムーンライトエクスプレス」の旅の受付を開始しました!!


お申し込み:http://rw-ps.com/toyama/

富山へ夜汽車を体験しながらの懐かしい列車の旅を味わいます。
またゲストに、鉄道ジャーナリスト史絵.さんと鉄道カメラマン森由梨香さんが
同行致します。

また、客室乗務員と添乗員同行(自由行動等は除く)が同行します。
行程
2012年5月25日(金曜日)
上野駅23時頃発–(583系ミラージュムーンライトエクスプレス座席利用車中泊)—
2012年5月26日(土曜日)
–(583系ミラージュムーンライトエクスプレス)—————–9時頃富山駅
※富山駅到着後それそれのプランへ
・ふるさとのんびりプラン
(翌日の列車の時刻までフリータイム)※宿泊費別途
・温泉満喫プラン
(黒部峡谷鉄道トロッコ電車と宇奈月温泉をお楽しみ下さい)
・富山鉄道探訪プラン
(富山の鉄道の魅力をお楽しみ下さい。)
2012年5月27日(日曜日)
富山駅発9時頃—魚津発9時半頃–(583系ミラージュムーンライトエクスプレス)—上野着17時半頃
価格31,500円~
制作協力:銀河鉄道企画室ムーンライトエクスプレスプロジェクト
協力:富山県・富山地方鉄道株式会社・富山ライトレール株式会社・万葉線株式会社・黒部峡谷鉄道株式会社・ 株式会社総合車両製作所電車市場・ 特定非営利活動法人交通文化連盟鉄道輸送警備隊
お申し込み:http://rw-ps.com/toyama/